司法書士 依頼

債務整理を司法書士に依頼するメリット

債務整理というのは必ずしも司法書士、弁護士を介さなくてはいけないという規則はありません。

 

したがって自分で行おうと思えば不可能なことではないのです。

 

確かに自分で全ての工程を行えば依頼する必要はありませんし、依頼料も浮きます。

 

しかし債務整理というのは様々な手続き、貸金業者、金融機関との交渉を行わなくてはいけません。

 

当然、法律の知識も必要です。交渉において法律は知っているだけでは意味がなく、どう使うかが問題になってくるので、少し法律をかじった程度では難しいでしょう。
法律の勉強をしてから自力で債務整理に望むというのも一つの方法ではありますが、一朝一夕でどうにかなるものではありませんし、
借金の滞納している場合は、その間にも借金の返済義務はありますし、利子等は増加していきます。

 

債務整理において迅速な対応は重要なポイントです。

 

司法書士に依頼すれば、向こうはプロなのでその点も安心。スムーズに手続きを進めてくれます。
依頼することで取立てや催促も法律上できなくなりますので、金銭面だけでなく、精神面が楽になるというのは追い詰められた状況において大きいでしょう。

 

そして交渉の方も自分が出向くよりは借金免除や金額減少になる可能性は高くなります。
金融機関の方も法律家が介入した時点で、ある程度は妥協を覚悟しているので短時間で後腐れのない和解が可能となります。

 

元法律家だったり、友人が司法書士で一緒に来てくれるという場合でもない限りは専門家に頼むのが一番だと思います。

 

依頼料は一定期間待ってもらえたり、分割にしてもらうことも可能なので無理に自分だけで解決しようと思わないで、まずは相談してみて下さいね。