債務整理 ブラックリスト

債務整理とブラックリスト

債務整理のデメリットとしては、自己破産、特定調停をする際に自分の名前がブラックリストに記載されてしまうといった点です。

 

ブラックリストという名前は俗に呼ばれているもので、信用情報とも言います。

 

信用情報というのは、お金を借りる時、カードを作る時に貸金業者が本人に返済能力があるかどうかを調べるための情報のことです。

 

そのれ事故情報ありと記載されると5年から7年は借金ができなくなります。

 

また、クレジットカードも作れなくなるのでクレジット振り込み限定の物件などは借りるのが難しくなるでしょう。

 

もちろん、債務整理をしたというリストの情報は会員企業の判断材料としてだけしか使用されませんし、戸籍や住民票に記載されることもありません。

 

そこから個人情報が漏れるようなことはないので安心して下さい。

 

登録が5年から7年の間なのでそれを過ぎれば再びカードの発行や、住宅ローンを組むことも可能になります。

 

ブラックリストに載ったからどうこうということではありません。

 

しかし、登録されている期間は生活に制限が付きますので、お忘れないように気を付けて下さいね。