子供 借金

よくある子供の借金親の支払い義務は?

「子供が勝手に借金を作ってきたのだけれども親には支払い義務があるのか?」
「未成年の借金の場合は保護者が肩代わりすべきなのか?」

 

そういった親子間での借金のお悩みも割合に多いそうです。

 

特に子供が寮に住んでいたり、色々な理由から別々に暮らしているといったケースも最近では珍しくないので、こういったトラブルが起こりやすいのでしょう。

 

しかし安心して下さい。
保証人契約をしていなければ支払い義務というものは親子間でも発生しないものです。

 

また貸金業規制法では『法律上支払い義務のない者に対し、支払請求をしたり、必要以上に取立ての協力を要求したりしてはならない』と定めています。
業者が執拗に支払いを求めてくるようでしたら監督行政庁に対し、行政指導または行政処分の申立てをしましょう。

 

それでも取立てや催促、嫌がらせが耐えないといった場合には、裁判所に両親に対する取立て禁止を求める仮処分や損害賠償請求を申立てることができます。

 

そして借金をした本人が未成年である場合には、支払う義務がないどころかその借金は無効となります。
そもそも未成年への貸金は認められていません。

 

これは貸金業規制法の過剰貸付けというものに該当するので、監督行政庁に苦情申立てをすることが可能です。
当然、手元に残っているお金は金融業者に返金しなければいけませんが、使用してしまった分、利子の分は払う必要はありません。

 

親心としては肩代わりしてあげたくなったり、監督不行き届きな事態に罪悪感を覚えたりもするでしょうが、その反省は今後に生かし、
支払う必要がない借金はつっぱねて下さい。法律に詳しくないばかりに肩代わりしてしまう親御さんもたくさんいます。
ヤミ金などもそこを狙って未成年や支払能力のないであろう若者に貸金している場合も多いのです。

 

自分の借金でなくとも子供の身辺のことなら気掛かりなのも当然ですから、不安なことがあれば司法書士や弁護士にご相談下さい。