債務整理 保証人 影響

保証人への影響とは?

債務整理をし、自己破産などの手続きをとれば本人への借金の請求はストップします。

 

しかし借金をするときに保証人を付けることがありますよね。その場合に注意なければいけないことがあるのです。

 

特定調停や民事再生などどの手続きをとった場合でも、保証人も一緒に債務整理しないかぎりは債権者は保証人に借金を請求することができてしまうのです。

 

本人の借金が免除されたからといって保証人の義務もなくなる訳ではないので、債務整理を考えている場合は、

 

あらかじめ保証人契約を結んでいる方に説明して、保証人も同時に債務整理をするなどの必要があります。

 

また、債務整理を行う際に、保証人付きの借金だけは免除対象から外すという手続きもできるので、連絡の取れない場合はそういった手段をとりましょう。

 

自分の借金ですから自分の力で返済するのが理想。周囲の方に迷惑をかけるのは誰でも避けたいと思うものですよね。

 

ですから保証人に無断で債務整理を行ったり、自己破産したことを隠すなんてことはせずに、債務整理する場合は保証人にも確認をとって下さいね。

 

迷っている場合は保証人の方に相談するのも良いでしょうし、専門家の意見が聞きたい時には司法書士事務所などに連絡してみて下さい。

 

きっと最善の道が見つかることでしょう。