夫婦 借金

夫婦の借金は肩代わり義務がある?

司法書士事務所や弁護士事務所では債務整理を依頼する時以外でも、借金トラブルが起きた時などには相談を受け付けています。

 

よくあるのが夫婦間での借金の保証に関わる問題です。

 

例えば夫がサラ金で借金をし、その後、何も知らない妻に請求がいくという事態。

 

この場合、妻は夫の借金を肩代わりし、金融会社に支払わなければいけないのでしょうか?

 

答えはNOです。

 

妻は夫の借金を肩代わりする義務はありません。

 

借金をする際に保証人契約を結んでいたり、事前に連帯保証人の欄に記入したりしていれば話は別ですが、夫婦というだけで支払う必要はないのです。

 

よく金融会社が主張してくるのは民法761条。

 

日常家事債務』について夫婦の連帯責任を定めた規定です。

 

そこでは、『夫婦の一方が日常の家事に関して第三者と法律行為をして、これによって債務が生じた場合、他の一方も連帯して責任を負う』と定められています。「債務が生じたのだから夫婦である奥さんにも連帯責任がある。法律で定められている」と言って請求してくるのです。

 

しかし、騙されてはいけません。

 

この『日常家事債務』というのがポイントです。

 

ここでいう『日常家事』とは、食料や医療などの生活必需品の購入や家賃・医療費・教育費の支出などのことです。

 

夫が仕事上・職業上の都合でサラ金や闇金から借金し場合はこの日常家事債務には含まれません。

 

したがって金融会社が夫の借金を妻に請求したい場合は事前に妻と保証人契約を結んでおく必要があるのです。

 

逆の場合もしかりで、妻が夫に黙って作ってしまった借金や負債は夫には支払い義務はありません。

 

実際に借りたお金を養育費や医療費にあてた場合でも、そういった金融会社からの借金は日常の家事必要費とみなされることは難しいので取立ては厳しいところ。

 

いかなる場合もサラ金業者からの借金は法律上『日常家事債務』には該当しないのが一般的です。

 

それでも執拗に取り立てや催促、または嫌がらせをしてくる金融会社もあるので、そういった場合は内容証明で警告してみるのがいいでしょう。

 

法律ののとなどよく分からない。報復されそうで怖いという方は司法書士や弁護士事務所へご相談下さい。

 

相談だけなら無料という事務所もたくさんあるので、一人で悩むよりは気軽にご連絡してみてはいかがですか?